2010年04月26日

アインシュタイン

「アインシュタインは語る」(1)
アインシュタイン
Albert Einstein
1879-1955
1997.2.20.発行(大月書店)
アリス・カラプリス編

<アインシュタインとは?>
1879年ドイツ,ユダヤ系の長男として生まれる。
6歳の時、バイオリンのレッスンを始め,9歳の時、ピタゴラス
の定理に夢中,12歳の時、ユークリッド幾何学、微積分学独習。

1895年 大学受験失敗,兵役義務を逃れるためにドイツ国籍を放棄。
1901年 スイス国籍を取得。
1902年、特許局に就職。
1903年 ミレーバと結婚。
1905年 「特殊相対性理論」を大学に提出するが受理されず、代わりに
「分子の大きさの新しい決定法」という論文を提出。
1907年 有名な式E=mc?を発表。(1905年論文にすでにあった)
1910年 プラハ大学の教授となる。
1922年 11月17日に訪日、43日間滞在)。
1933年 ヒトラー、ナチスが政権を獲得。
アインシュタインの別荘をナチスが強制的に家宅捜索、ナチスはアイ
ンシュタインを国家反逆者とした。
1935年アメリカでの永住権を申請、取得する(1940年アメリカ国籍を取得)
1943年 アメリカ海軍省兵器局の顧問に就任。
1944年戦争遂行資金への寄付として「特殊相対性理論」の原稿が600万ドルで競売される。
1952年 イスラエル政府はアインシュタインに対して第2代大統領への就任を
要請、彼はこれを辞退。
1955年 4月11日核兵器の廃絶や戦争の根絶を内容とするラッセル=アイン
シュタイン宣言に署名。
4月13日心臓付近の痛みに倒れる。4月15日手術を勧められるもこれを拒否。
4月18日の午前1時過ぎ、アインシュタインは76歳の生涯を終える。

<アインシュタインの言葉>
「私は、理詰めで考えて新しいことを発見したことはない。」

「調べられるものを、いちいち覚えておく必要などない。」

「普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらぜひ、
お目にかかりたいものだ。」

「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ」

「肉を買った時に包み紙の方が立派だったらわびしくはないか」
(服装に気をつかってはどうかと言われた際、やりかえした言葉)

<睡眠時間>
睡眠時間は1日10時間だったという。

panse280
posted at 20:02

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字