2010年04月17日

「古事記」とホメロス

「本居宣長(下)」(8)
小林秀雄
hideo kobayashi
1902-1983
平成4.5.25.発行(新潮社)

---本居宣長補記----

<「古事記」とホメロス>
「宣長は、「神代の伝説の神(アヤ)しさ」を
「つたなき寓言」と解した熊沢蕃山の説を、きっぱり
と斥け、貴下のように「理(ことわ)り深げに見え
聞えたる」言を操っているようでは神書の「そこひなき
淵のさわがぬことわり」には到達出来ないとした。
(「玉かつま」)
「パイドロス」には「美について」という副題が付いて
いるが、プラトンも、宣長のように、美神を信じた
ホメロスの語る「神代の伝説」に盛られた深い思想を
味わうのには、ホメロスの心ばえに倣う道から物語に
這入らねばならぬとした。」

panse280
posted at 19:56

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字