2010年01月17日

反キリスト者

「反キリスト者」(1)
F.W.ニーチェ
Friedrich Wilhelm Nietzsche
1844-1900
「ニーチェ全集14」(ちくま学芸文庫)
2008.5.30.7刷


<キリスト教的なもの>
「キリスト教的なのは、おのれと他人とに対する残酷さ
の或る種の感覚である、見解を異にするものへの憎悪で
ある。迫害の意志である。
・・・
キリスト教的なのは、大地の主たちに対する、「高貴な
る者」たちに対する不倶戴天の敵意、そして同時に、
陰険隠密な競争である。
・・・
キリスト教的なのは、精神に対する、精神の矜持、気力、
自由、放縦に対する憎悪である。
キリスト教的なのは、官能に対する、官能の歓喜に対する、
歓喜一般に対する憎悪である。」

<キリスト教の文明化手法>
「キリスト教は、野蛮人を支配するために、野蛮な概念
や価値を必要とした。
・・・
キリスト教は猛獣を支配しようとねがうが、その手段は、
それを病弱ならしめることである。弱化せしめるという
のが、馴致のための、「文明化」のためのキリスト教的
処方である。」


補記:アジアのキリスト教信者人口比
1% (日本)
24% (韓国)
93% (フィリピン)


panse280
posted at 19:44

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字