2009年10月15日

維新と革命

林房雄1903-1975
fusao hayashi

「日本への警告」(6)
昭和44(1969)年2月10日初版(日本教文社)

<維新と革命>
--日本では革命という言葉を使わない。革命とは
シナの言葉で、新しい王朝を作ることであるが、
日本には有史以来天皇王朝?である----

「日本という国家は政治史的にみても他に類例の
ない国家で、外国の国家学説をそのまま持って来て
も説明できない。」

「日本人の国家観と天皇観は他民族には理解でき
ないものだいうことになる。」

「東洋と西洋の政治学説は、大別すれば二通りある。
シナでは孔子、孟子以来、王道政治という理想主義
と、覇道政治という現実主義が対立していた。
西洋には、ギリシャ以来、プラトン流の哲人政治、
...と、マキャベリ流の権力政治の国家観が一方に
あった。」

「三島(由起夫)氏は・・・「天皇を守ることが日本
を守ることになる」という一つの結論を出している。」


panse280
posted at 20:36

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字