2009年10月03日

世の中はうまく出来ている

「心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉」(4)
ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer
金森誠也訳編(PHP研究所)
2008年4月7日第1刷

<世の中はうまく出来ている>
「もともとだれしも自分と同質的な事柄しか
理解し、評価できない。平板な者には平板が、
俗悪な者には俗悪が向いているし、頭の不明瞭
な者には混乱が、そして頭の悪い者には無意味
がふさわしいのだ。
したがって、だれでも自分と全く同質な仕事が
最もお気に召すわけだ。」


仕事は自分と同質な環境において最も快適である。

<人を非難するなかれ>
「人はたとえ最悪、劣等、笑止千万のものであって
も、もともと自然によって定められ、与えられたの
である以上、他人の個性をむやみに非難してはなら
ない。」

panse280
posted at 18:03

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字