2009年08月23日

自殺について(斎藤信治訳)

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「自殺について」
岩波文庫(斎藤信治訳)1989年11月5日発行
本書は「Parerga und Paralipomera」第二巻十〜十四章
部分の全訳である。

目次
・我々の真実の本質は死いよって破壊せられえないもの
であるという教説によせて
・現存在の虚無性に関する教説によせる補遺
・世界の苦悩に関する教説によせる補遺
・自殺いついて
・生きんとする意志の肯定と否定に関する教説によせる補遺

<解説より>
ショウペンハウエルの哲学というものは、ただにその
哲学が普通の哲学者には望み得ないような香りの高い
味わいの深い文章を通じて表現されていて、一種の
芸術作品をしのばせるものがあるというだけでなく、
哲学それ自身としても相当に高く評価されるべき優れ
て独創的なものをもっている。
・・・
我が国の学界においては、ショウペンハウエルなどを
云々するのは哲学の素人のやることだといった風な
暗黙の評価が成立してきていたかのように思われる。
もしかしたらこれは、ショウペンハウエルの哲学は
アカデミックでありうるためには、余りにも面白く、
また余りにも分かり易い、といったような考え方に
基づいているのではあるまいか。
私はショウペンハウエルを読むごとに、よく澄んだ
深い湖を想い浮かべさせられる。

panse280
posted at 17:39

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字