2008年12月22日

カント哲学の究極の思惟

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(10)」(205)
--「余録と補遺:哲学小品集 第一巻」--(15)
--Parerga und Paralipomena--

<余の哲学について>
「おそらくいかなる哲学体系も余の場合ほど簡単で、
かつわずかな要素からできているものはない。」

「真実の言葉はもともと簡単なのだ。」

「余の諸原理はたいていは推論の連鎖にではなく、
直接的に直観的世界そのものに、基づいている。」

「余の哲学的思索の独特な性格として、いかなる場合
にも事物の根底にまで到達しようと努めるということ
があげられる。・・・
そしてついにはあらゆる概念と命題の究極的基礎
(それは必ず直観される)をあるがままにはっきりと
見据える。」

「人類は余からいろいろと学んだ事を決して忘れない
だろう。」

「余の哲学はカント哲学の「究極の思惟」である。」

panse280
posted at 21:19

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字