2008年12月20日

ユダヤ民族が軽蔑される理由

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(10)」(203)
--「余録と補遺:哲学小品集 第一巻」--(13)
--Parerga und Paralipomena--

<ユダヤ教(1)>
--ユダヤ民族が軽蔑される理由---

「本来のユダヤ教は、霊魂不死説の痕跡をすらも
とどめていない唯一の宗教として、あらゆる宗教中
最も粗野なものである。
・・・
ユダヤ教は不死も、したがって死後の刑罰も知らぬ
が故に、ヤハウェは、罪人すなわち地上で栄える者
にむかっては、この悪行を孫子の代、第四代目にい
たるまで処罰するであろうとおどすす以外には手
がない。」

「ユダヤ民族が同時代の他のあらゆる民族から常に
軽蔑された理由の大半は、彼らの宗教の貧弱さに
あったとおもわれる。」

panse280
posted at 18:28

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字