2008年08月22日

古典研究の主たる利点

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(5)」(87)
--「意志と表象としての世界(全四巻)」の第一巻補足--(8)

<学問論に関して>
「古典研究の主たる利点は、われわれが冗長な文章を
書かないようになるということである。古代人は絶えず、
簡潔に、含蓄に富む方法で書くように努力しているのに、
ほとんどすべての近代人の誤謬は冗長な文章を書くという
ことだからである。
・・・
古代人は話すように書くべきではないという事を知って
いた。」

(第12章)

panse280
posted at 22:29

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字