2008年07月28日

不幸な人々に感じる尊敬の念

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(3)」(63)
--「意志と表象としての世界」--

<第四巻 意志としての世界の第二考察>
--自己認識に達した場合、生への意志の肯定と否定--

<不幸な人々に感じる尊敬の念>
「きわめて不幸な人びとであれば、だれの姿を見ても
われわれはある種の尊敬の念を感じるのであるが、この
尊敬の念は、徳や高潔な心に面して感じずにはいられ
ない尊敬の念に似ていると同時に、そのさいわれわれ
自身の幸福な状態が非難されているように思われる。」

「全ての苦しみは徳と聖域への少なくとも可能な近接で
あるのに反し、諸々の享楽と世俗的な満足とはそれか
ら遠ざかることであるとみなされざるをえない。」
(第六十八節)

panse280
posted at 20:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字