2008年07月17日

意志の否定--生との矛盾を超えて

ショーペンハウアー 1788-1860
arthur schopenhauer

「ショウペンハウアー全集(3)」(53)
--「意志と表象としての世界」--

<第四巻 意志としての世界の第二考察>
--自己認識に達した場合、生への意志の肯定と否定--

利己主義者にとっておのれ自身の人格だけが身近で
あるように、物自体の本質を洞察した者(純粋認識
を得た者)は、世界の苦しみが身近になる。

<意志の否定--生との矛盾を超えて>
「彼の意志は向きを変え、現象の中におのれを映して
いるおのれ自身の本質をもはや肯定せず、それを否定
するのである。このことがおのれを告げ知らす現象こそ、
徳から禁欲への移り行きなのである。

つまり彼にとっては、他の人々をおのれ自身に等しい
ものとして愛し、おのれのために成すのと同じ程の事を
他の人々の為に成す事では、もはや十分ではない。

むしろ彼の内面には、それの表現が彼自身の現象である
ような本質、つまり生への意志、すなわち悲惨に満ちた
ものとして認識されたあの世界の核心であり本質である
ものに対する嫌悪が生じているのである。

こういう訳であるから、彼はほかならぬ彼のなかに
現象していて、おのれの肉体によってすでに表現されて
いるこの本質を否認するのである。

そこで彼の行いは今やおのれの現象の嘘を非難すること
になり、おのれの現象と明らさまな矛盾におちいるの
である。

本質的に意志の現象以外のなにものでもない
ものとして、彼はおよそなんらかのものを意欲すること
を止めてしまい、おのれの意志をおよそなんらかのもの
に依存させないように気をつけ、あらゆる事物に対する
最大の無関心さをおのれのうちに固めようと努める。
・・・
いかなる条件のもとでも彼は性欲を満足させようとは
思わない。自発的であって完全な純潔は禁欲すなわち
生への意志の否定の第一歩である。」
(第六十八節)

panse280
posted at 20:44

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字