2008年05月17日

坐禅第一

道元1200-1253
dougen

「正法眼蔵随聞記」(13)完
(水野弥穂子訳)

<坐禅第一>
「仏道を学ぶ肝心かなめは、坐禅が第一である。
・・・
所得もなく、悟りもなく、ただ端座して時を過ごす
ならば、それがただちに仏祖の道である。」

panse280
posted at 22:28

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字