2008年05月14日

正しい乞食

道元1200-1253
dougen

「正法眼蔵随聞記」(11)
(水野弥穂子訳)

<衣食の事兼ねてより思ひあてがふ事なかれ>
「衣食の事は、前々からあてを作っておいては
ならない。よしんば乞食する場所についても、
もしも食べる物がなくなった時には、あそこで
托鉢をしよう、あの人に頼んで布施をしてもら
おうなどと思っているのも、とりもなおさず物
を貯えているのと同じで、正しい生き方でなく
なる。禅僧は雲のように定まった住所もなく、
水のように流れていってよるべもないのを僧と
いうのである。」

panse280
posted at 20:54

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字