2008年04月24日

出家の生活に欠かせない四箇条

道元1200-1253
dougen

(7)「正法眼蔵」(114)

<出家功徳(しゅっけくどく)>(3)
製作日不明、懐奘書写奥付(1255)

お釈迦さまも、達磨も王位を捨てて出家した。
出家はこの世で、最高の位を持つとされる。

その出家の生活とは?

<出家の生活に欠かせない四箇条>
1 生涯、樹下に坐す。
2 生涯、糞掃衣(ふんぞうえ:粗末な服)を着る。
3 生涯、乞食を行ずる。
4 生涯、病のときは陳棄薬(大少便で作る薬)を服する。


注:糞掃衣
袈裟(けさ)の布には、欲望の汚れを離れたものが
よい。つまり糞掃衣(ふんぞうえ)である。
塵芥に捨てられた衣の、あるいは大便、小便、ツバ、
その他の汚れにまみれたものを洗い浄めて用いる。
これらは、もはや絹でも、綿でもなく”糞掃衣”である。

panse280
posted at 21:25

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字