2008年04月22日

出家功徳(しゅっけくどく)

道元1200-1253
dougen

(7)「正法眼蔵」(112)

<出家功徳(しゅっけくどく)>(1)
製作日不明、懐奘書写奥付(1255)

「釈迦牟尼仏は云われた、「この世界のあらゆる
物事のなかにおいても、出家の果報は不可思議な
ものです。たとえ人があって七宝塔を建てて、
その高さが三十三天に至るほどであろうとも、得る
ところの功徳は、出家するのに及ばないのです。」
(「正法眼蔵5」石井訳、出家功徳07)



気になる数--<刹那の数>--
一昼夜の間に、六十四億九千九百八十の刹那が
あって五蘊は生滅を繰り返している。このこと
を知っていたのは、釈迦牟尼と舎利弗だけだ。

panse280
posted at 22:56

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字