2008年03月14日

陀羅尼(だらに)

道元1200-1253
dougen

(5)「正法眼蔵」(74)

<陀羅尼(だらに)>
道元44歳

注:陀羅尼:保つ、支える、助けるの意。

「ここに大いなる陀羅尼あり、名づけて円覚となす。
ここに大いなる陀羅尼あり、名づけて人事となす。
ここに大いなる陀羅尼あり、礼拝の実現これなり。
ここに大いなる陀羅尼あり、その名を袈裟という。
ここに大いなる陀羅尼あり、これを正法眼蔵と名づ
くるなり」


陀羅尼とは人事、すなわち人間関係である。
礼拝がなくなれば、仏法は滅びる。

panse280
posted at 21:53

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字