2008年02月21日

全機(ぜんき)

道元1200-1253
dougen

(4)「正法眼蔵」(53)

<全機(ぜんき)>
道元43歳

この巻は、生と死の全体について、を語る。

「生といふは、たとへば人の舟に乗れる時のごとし。
この舟は、われ帆を使ひ、われ舵(かじ)を取れり、
われ棹をさすといへども、舟われを乗せて、舟の
ほかにわれなし。われ舟に乗りて、この舟をも舟
ならしむ。・・・
天も水も岸も、みな舟の時節となれり、さらに舟に
あらざる時節とおなじからず。」(道元)

panse280
posted at 22:04

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字