2008年02月17日

学道

道元1200-1253
dougen

(4)「正法眼蔵」(49)

<身心学道(しんじんがくどう)>(3)
道元43歳

「かならず学道の時には、進歩あり退歩があり、
それが学道である。師を礼拝して挨拶する作法、
そうした動作の威儀も学道である。枯れ木を画き、
死灰を磨くのだ。
学道にはしばらくの間断もない。暦の日々は短く
過ぎやすいが、学道は幽遠である。」
(「正法眼蔵1」(石井訳、身心学道14)

panse280
posted at 19:19

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字