2008年01月20日

行仏威儀(ぎょうぶついぎ)

道元1200-1253
dougen

(3)「正法眼蔵」(21)

<行仏威儀(ぎょうぶついぎ)>
道元42歳
仏道修行において、身に具わった性が自ずと姿相・
立ち居振る舞いとなって外に現れること。

「諸仏かならず威儀を行足す。これ行仏なり。」

「諸覚者はかならずその一挙一動に亘(わた)って
威儀を具えるものだ、これが行仏である。」
(「正法眼蔵1」(石井訳、行仏威儀01)




「古仏は云っている、「何事もそのまま身体に
受け取り、行いをその風流に任せよ」と。
・・・
空は隠れもない、山も水も隠れもない、だが隠れも
ない明々なものこそ、その真実は窺い知ることが困難
である・・・
秘密とは隠れもないもののうちに潜んでいるものなのだ。」
(「正法眼蔵1」(石井訳、行仏威儀09)




「得者不軽微(とくしゃふきょうび)、
明者不賤用(めいしゃふせんよう)なり。」

「仏道を体得する者は軽微なものをも軽んずることが
ない、仏道に明なる者は何ものをも賤しむことがない。」
(「正法眼蔵1」(石井訳、行仏威儀37)

panse280
posted at 18:27

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字