2007年12月30日

迷いと悟り

道元1200-1253
dougen

「正法眼蔵」(3)


<現成公案(げんじょうこうあん)>(2)

<迷いと悟り>
「自己をはこびて万法を修証するを迷とす、
万法すすみて自己を修証するはさとりなり。」

(現代訳:石井訳)
「自我によってすべてを認識しようとするのが
迷いなのだ、諸々の現象のなかに自我のあり
ようを認識するのがさとりである。」

panse280
posted at 17:52

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字