2007年12月26日

60歳からの身体のトレーニング

渡部昇一1930-
syoichi watanabe

「95歳へ!」(2)完
幸福な晩年を築く33の技術


<60歳からの身体のトレーニング>
渡部さんの自慢は、「股割」ができることです。
腰をおろして、脚を108度開き、上体を床にペタッ
と着けることができます。
60歳を過ぎてから、風呂上がりに毎日「真向法」を
やった成果です。


真向法:鈴木 俊一(元東京都知事)の「股割」
パフォーマンスで有名になりました。
真向法は昭和8年ごろ、福井県の長井津(わたる)
が考案。42歳で、脳溢血で倒れ、半身不随になった
が「真向法」で回復。4つの動作しかないので、
インターネットで簡単にやり方がわかります。

panse280
posted at 19:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字