2007年12月25日

95歳へ!

渡部昇一1930-
syoichi watanabe

「95歳へ!」(1)
幸福な晩年を築く33の技術

<暗記>
60代半ば、渡部さんは、「老い」を感じ、新しい
挑戦を考えました。ラテン語の暗記です。
「新英和大辞典」巻末のラテン名文250句をコピーし
て持ち歩き、電車やタクシーの中で暗記、2ヶ月も
かからず暗記。
次に「イギリスの法格言(武市春雄)」(ラテン語
の分量は約100頁)、1回目は3年近くかかり、2回目は
その半分で暗記。
次に「ギリシャ・ラテン引用語辞典」のラテン語暗記
に取り組みます。(約850頁)そんな時、

「私の人生観、否、人間観を変えるようなことが
起こったのです。」

ある日、書棚の整理をしていた時、菅原道真の
「秋思」という七言律詩が目にとまり、書いて
みると八行全部書けました。

「いったい、これはどうしたことか・・・。」

これは、ラテン語の暗記を続けているうちに、
記憶力がつよくなったのではないか、そう思って
暗記することなど思いも及ばなかった律詩をいくつ
か試してみました。すると容易に暗記できるのです!

「子供の知力を伸ばしたいならば、何か暗記させよ。
「般若心経」でも「百人一首」でも「寿限無」でも。
初老以降の人間が知力を維持したいと思うなら、
何か暗記せよ。」

「突き詰めて言えば、人生とは記憶です。・・・
晩年を生きるにあたって、最も大切なことは
記憶力を鍛え、多くの記憶を持ち続けることでは
ないでしょうか。」

95歳へ!―幸福な晩年を築く33の技術


panse280
posted at 19:48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字