2007年12月18日

フランス料理は得体が知れねえ

吉本隆明1924-
takaaki yoshimoto

「食を語る」(2)


<フランス料理は得体が知れねえ>
銀座の有名なフランス料理店での話
「うめえと思ったのはないし、食ったことも
ねえような料理で、見たこともないような
ソースがかかってて、うわあっという感じで、
ちっともおいしいと思わない。
・・・
そういう、本格的な、日本で十の指に入ると
言われているようなところで、三回くらい
食べたかな。一度もうまいと思ったことが
ないですね。」

<懐石料理>
「懐石料理なんかもね、なんだか高級すぎるって
のか、めかしすぎるってのか、こういうのは
ちょっと味の印象もねえよなという感じがして、
僕は好きではないですね。
・・・
それに形とか色彩とかをきれいに整えるような
やり方も好きじゃないですね。
ああいうのを褒めると、とんでもない錯覚を
助長するんじゃないか。二本鼻汁をたらして
いる子どもを汚いと言うのに同じですね。」

panse280
posted at 16:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字