2007年12月13日

美しき老熟--老人の地位--

村岡正明 編
masaaki muraoka 1948-

「日本絶賛語録」(16)


<美しき老熟>
「日本の文化についてとりわけ顕著な一事は、
老年の人達の地位である。
・・・
この国の老人達は一際すぐれている。
・・・
ほかの国だったら、老人の生活といえばいかにも
孤独である、年来の友人達は次第に世を去り、
自分は活動力を失い、乏しい収入を当てにして
あたかも隠遁者のような生活を送らねばならない。
・・・
ところが日本では老いるにつれて、ますます伝来
の文化的環境にしっくりはまってくる、友情にし
ても、そのときどきの単なる同情ではなくて精神
的、芸術的な仕事と関心との極めて自然的な交換
である。
日本では、老齢と共にいよいよ高い境涯へ入って
いくような印象だ。」
(ブルーノ・タウト1880-1938「日本美の再発見」)

panse280
posted at 19:08

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字