2007年10月16日

硫黄島米軍上陸

梯久美子1961-
kumiko kakehashi

「散るぞ悲しき」(4)
--硫黄島総指揮官・栗林忠通--

「黒こげになったステーキのようなこの島に、生きて
呼吸している者がいるなどということがあるだろうか?」

日本軍が米軍上陸までに、作り上げた地下道は全長18Kmに
及んだ。

<米軍上陸>
「日本軍はまったく抵抗せずに上陸を許した。そして、狭い
海岸が兵員と物資、弾薬でいっぱいになった午前10時過ぎ、
はじめて(日本軍は)攻撃を開始したのである。
・・・
砂浜には遮蔽物はなく、塹壕も掘りようがない。
・・・
海岸は一時パニックとなった。
・・・
この日1日で566人の米兵が戦死または行方不明となり、
1,755人が負傷し、99人がいわゆる戦争神経症でそれ以上
戦えなくなった。これは31,000名の上陸部隊の8パーセント
にのぼる。」

panse280
posted at 20:00

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字