2007年09月14日

結婚

黒川伊保子1959-
ihoko kurokawa

「行為を紡ぐ男性脳、言葉を紡ぐ女性脳」(3)


<結婚>
「「自分の気持ち」がすべての機軸である女性脳
からは、ほんとうにまったく想像を絶するけれど、
男性脳は「自分の気持ち」をあまり認識しないまま
生きているのである。
傍にいる女が嬉しそうなら、その嬉しさに照らされ
てしみじみ嬉しい、というのが男性脳だ。
・・・
男の好き嫌いは、こういう状況依存の、そのときどき
の「気持ち」なのであって、「なにがあっても、
あなたが好き」というような、永続的に貫かれる女
の「気持ち」とは、ちょっと違うのである。
たとえば、独身の男女が付き合っていて、女が結婚
したがったとしよう。他にめぼしい配偶者候補が
いなければ、男は、この女を嫌になった日が、ここ
一ヶ月の過半数を越えなければ結婚できる。
男が結婚を決心する理由は、自分の収入が結婚に足る
かどうかと、女が機能的に妻に足るかどうかであって、
女が思い込むような「運命の赤い糸」ではない。」

panse280
posted at 19:58

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字