2007年08月29日

ドストエフスキー「白痴」

岡潔1901-1978
kiyoshi oka
小林秀雄1902-1983
hideo kobayashi

昭和40年(1965)の対談

対談「人間の建設」(3)

<ドストエフスキー「白痴」>
岡「ドストエフスキーの特徴が「白痴」に一番
よく出ているのではないかと思います。

小林「ドストエフスキーは自分で「白痴が一番
好きなんです。私も好きです。」

<批評家になろうと思ったことはない>
小林「ぼくは批評家になろうと思ったことはない、
世間が私を批評家にしたのです。ぼくはただ文章
を書いていただけなのです。文章を書く対象として
、作家や思想家があったというに過ぎないのです。
私は人というものがわからないとつまらないのです。」

panse280
posted at 19:22

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字