2007年08月10日

智力

岡潔1901-1978
kiyoshi oka

「春宵十話」(14)


<智力>
「智力の光はたいていの人についていえば、
感覚、知性、情緒の順序で上ほどよく射し込み、
下には射しにくい。
・・・
この智力が射さないと存在感とか肯定感という
ものがあやふやになり、したがって、手近に
見える外界や肉体はたしかにあるが、こころ
などというものはないとしか思えなくなる。
かようにして物質主義になるのである。
私欲の対象である金銭や権力が実在すると
固執するだけでなく、情緒とか宗教とかいった
ものを毛嫌いするのである。」

panse280
posted at 20:41

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字