2007年06月24日

ベルグソンの哲学

小林秀雄1902-1983
hideo kobayashi

「人生の鍛錬」(15)
--小林秀雄の言葉--新潮社編


<ベルグソンの哲学>
「彼の思想の根幹は、哲学界からはみ出して
広く一般の人心を動かした所のものにある、
即ち、平たく言えば、科学思想によって危機
に瀕した人格の尊厳を哲学的に救助したとい
うところにあるのであります。人間の内面性
の擁護、観察によって外部に捕えた真理を、
内観によって、生きる緊張の裡に奪回すると
いう処にあった。」
(「表現について」)

panse280
posted at 23:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字