2007年06月23日

ニュートンの予言「世界の終末2060年」

「早ければ2060年に世界の終末」
 ニュートンが予言
(朝日新聞2007年06月21日夕刊)

英国の数学者・物理学者アイザック・ニュートン
(1642〜1727)は「早ければ2060年に世界の終末が
来る」と直筆文書に予言していた。
文書は1700年代初頭に書かれたもので旧約聖書ダニ
エル書を読み解いて「やがて世界の終わりが来る。
だが、すぐそうなる理由は見いだせない」と分析し
ている。
この文書は1936年にロンドンのオークションで落札
され、入手したユダヤ人学者がイスラエル政府に寄贈、
1969年からヘブライ大図書館で保管されてきた。
文書には錬金術や神学、聖書の預言に関する記述も含
まれている。

-----------------------------
300年前、ニュートンが予言した「世界の終末」
の最大原因は何だったんだろう?
戦争?まさか、環境破壊?

補記:

世界の人口は、66億人、1年で8千万人、増えています。
日本の人口は1億2776万人。毎日2909人が産まれ、3041人
が亡くなっています(H17総務省&厚労省)

1位 中国 13億2千万人 
2位 インド11億人 
3位 アメリカ3億人 
4位 インドネシア2億3千万人

10位 日本1億3千万人
(06年国連人口基金 より)

世界の人口推移:
0年      2億人
1000年   3億人
1650年   5億人

1800年  10億人
1900年  20億人
1999年  60億人
国連が予測した2050年の世界人口91億人 

あと30〜40年で,石油が無くなり,その後10年でガスもなくなる?
-------------------------------


panse280
posted at 20:43

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字