2007年06月16日

自信

小林秀雄1902-1983
hideo kobayashi

「人生の鍛錬」(8)
--小林秀雄の言葉--新潮社編


<自信>
「自信というものは、いわば雪の様に音もなく、
幾時(いつ)の間にか積った様なものでなければ
駄目だ。
そういう自信は、昔から言う様に、お臍(へそ)
の辺りに出来る、頭には出来ない。」
(「道徳について」)

panse280
posted at 09:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字