2007年04月20日

念仏の数

吉本隆明1924-
takaaki yoshimoto

「親鸞復興」(2)


<念仏の数>
「念仏は1回でいいのかとか、たくさん称え
なければいけないのかということが、お弟子
さんたちのあいだで問題になりました。
親鸞はそれにたいして、いや一遍でいいとか
たくさん称えなければいけないとかという考
え方は一切いけないんだ、念仏は時を選んだ
り場所を選んだりしないで、弥陀の他力の中
に包まれるというかたちでおのずから出てく
るということで、何遍称えればいいとか、十
遍称えればいいと言っているわけではない、
とにかく「乃至十念」ということは、時と場
所とを選ばないということなんだという理解
のしかたを親鸞はお弟子さんたちに告げてい
ます。」

panse280
posted at 08:21

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字