2007年03月14日

悪人とは

吉本隆明1924-
takaaki yoshimoto

「真贋」(4)


<親鸞>(2)
「善人が天国にいけるなら悪人はなおさら行ける。」

だったら悪人になればいいじゃないか。

それに対して、親鸞は
「じゃあ、いい薬があるからといってわざと病気に
なったり怪我をしたりするか。それはしないだろう。
だから、つくった悪はだめだ。心ならずも悪いこと
をしてしまったとか、ひとりでにこうなってしまった、
という悪の人は必ず救われるんだ」

「一人のときにはたった一人も殺せないのに、たとえば
戦争になると百人、千人殺すことはあり得る。
それはその人自身が悪くなくても、機縁によって千人
も殺すということはある。
だから、悪だから救われない、善だから救われるという
考え方は間違いだ、ということです。これはすごく
いい言い方だと僕は思いました。」

panse280
posted at 19:05

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字