2007年02月20日

ゲシュタポの創設者

武田知弘1967-
tomohiro takeda

「ナチスの発明」(26)


<ゲシュタポの創設者>
ナチスのナンバー2,ヘルマン・ゲーリング。
チャップリンの「独裁者」のモデルで、
勲章が大好きな、金銭欲、物欲の権化で、
ユダヤ人迫害の総責任者。

上流階級出身、陸軍士官学校卒で第一次世界大戦
では飛行中隊長として活躍し勲章も授与された
ドイツ軍の英雄、貴族の未亡人との結婚で裕福に
なり30才でミュンヘン大学の学生となり、その年、
ヒトラーと出会い、魅了されて入党。

その時のヒトラーの言葉は、
「勲功章を受勲した戦場の英雄とはすばらしい!
想像してみたまえ、これ以上にない宣伝だ。」

ゲーリングの趣味は、宝石と絵画の収集だった。
美術コレクションには、レンブラント、シャルダン、
ゴヤなどの名作もあった。

ゲーリングは工場や飛行場に自分の名前をつけるのが
好きだった。ゲーリング工場、ゲーリング飛行場、
ゲーリング通り、などという名称がたくさん存在した。

「ゲーリングはルネッサンス時代の人物である。
非難しても無駄なのだ」ヒトラーはそう言ったという。

大戦末期の1945年4月25日、ゲーリングはヒトラーに
決別の電報を打つ。「自分に政権移譲をしろ」という
ものだった。激怒したヒトラーは、ゲーリングの
全権を剥奪しゲシュタポに逮捕させた。


注:ナチスの警察組織には「突撃隊」「親衛隊」
「ゲシュタポ」以上3つの組織があった。

突撃隊:ナチス政権前からあった。ごろつき集団。
親衛隊:突撃隊の1部隊だったが、ナチスに忠誠を誓う
    組織で、血統、学歴、身長、容姿などの制限が
    あり、エリート集団であった。
ゲシュタポ:ヒトラーも恐れた秘密警察。ゲーリングが
    共産党を一掃するために創った。

panse280
posted at 20:54

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字