2007年01月29日

初めてジェット機を飛ばした

武田知弘1967-
tomohiro takeda


「ナチスの発明」(5)

<初めてジェット機を飛ばした>
ベルサイユ条約によってドイツの兵器研究が
制限されたため、ドイツは、エンジンなどの
基礎研究を深めるしかなかった。
その結果生まれたのが、ジェットエンジンで
ある。
1943.11.ヒトラーの前で、メッサーシュミット
Me262のデモンストレーションが行われた。
性能抜群であったが、燃費(飛行時間は1時間)
は悪く、操縦が難しかったので、パイロットが
不足した。
戦後、メッサーシュミットMe262ほか、ナチスの
先端航空機はすべて連合軍に没収された。
そして米ソのジェット戦闘機開発にその技術が
用いられた。

panse280
posted at 20:22

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字