2007年01月15日

意思と時間

橋本淳一郎1947-
junichiro hashimoto

「時間はどこで生まれるのか」(14)


<意思と時間>
「放っておいても、自然法則だけにしたがって、
ひとりでに秩序が持続するような世界に、「意思」は
生まれるであろうか?」

世界を神がつくったとするならば、何故、悪が存在す
るのか・・・という質問がある。
この本を読むと、”ひとりでに秩序ができあがらない”
世界だからこそ「時間」が生まれたのだ。
人は、平和を願い、全ての人が幸福になればいいと
考える、しかし、もしそれが実現されたとき、
私が想像するに、それは”時間がない世界”に等しい。

panse280
posted at 19:48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字