2007年01月14日

ただ存在する、ということ

橋本淳一郎1947-
junichiro hashimoto

「時間はどこで生まれるのか」(13)


<ただ存在する、ということ>
「われわれの宇宙(時空)がC系列であるとすれば、
宇宙はただ存在するだけである。
そこには、空間的拡がりや時間的経過というものは
ない。・・・
時間も空間も存在しなければ、何ものも存在できない
だろうと考えがちだが、そうではない。
光子にとっては時間も空間も存在しないが、しかし
それでも光子は存在する。
実在とは、時間や空間を超越した何かなのである。
それは「モノ」ではなく、「情報」とか「関係」とか、
そういうなんらかの「コト」なのかもしれない。
・・・
カントもいうように、われわれは真の実在「物自体」
を認識することは、けっしてできないのである。」


注:C系列 前々日のブログ参照

panse280
posted at 20:11

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字