2007年01月06日

ミクロの世界では「位置」や「速度」も消滅する

橋本淳一郎1947-
junichiro hashimoto

「時間はどこで生まれるのか」(5)


<ミクロの世界では「位置」や「速度」も消滅する>
「粒子の位置と速度は、粒子を観測していないとき
には、実在しない」

注:観測という用語の意味は、必ずしも人間が
その物理量を測定しているという意味ではない。
ある粒子を「観測」するとは、その粒子が、原子
の大集団であるマクロな物質と相互作用をすること。


<不確定性原理>
位置と運動量をかけ算した物理量の次元を「作用」
といい、不確定性原理は、対象としている二つの
物理量同士のかけ算が「作用」の次元になる
物理量の間だけで成立する。

panse280
posted at 19:10

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字