2006年12月30日

やまと歌

安田章生1917-1979
ayao yasuda

「日本の芸術論」


<「古今和歌集仮名序」紀貫之>
「やまと歌は人の心をたねとして、よろづの
言(こと)の葉とぞなれりける。
・・・
力をも入れずして、あめつちを動かし、
目に見えぬ鬼神(おにがみ)をもあはれと
思はせ、男女(おとこおんな)のなかをも
やはらげ、猛(たけ)きもののふの心をも
なぐさむるは、歌なり。」

日本の芸術論 新版


panse280
posted at 09:33

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字