2006年11月23日

俳句

鈴木大拙1870-1966
daietsu suzuki

「続 禅と日本文化」(10)「絶版」


<俳句>
「芭蕉に古池の句がある。蛙の池に飛び込むは、
アダムのエデンの園より失墜したことにも劣らぬ、
ゆゆしき大事である。ここにこそ創造の秘密を
もらす真理がある。
・・・・
俳句は、日本人が自然に対して抱く、その
哲学的な直覚と詩的賞味を表現する、最も
一般的な方法の一つである。」

「猫の子に
嗅(か)がれてゐるや
蝸牛(かたつむり)」   

(才磨)

「釣鐘(つりがね)に
とまりて眠る
胡蝶かな」

(蕪村)

panse280
posted at 18:35

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字