2006年10月23日

武田信玄

鈴木大拙1870-1966
daietsu suzuki

「禅と日本文化」(11)


<武田信玄>
「参禅は別に秘訣なし、唯だ生死の
切なるを思ふと。」(信玄家法)

信玄の師は快川(かいせん)和尚である。
信玄の死後、禅院に逃げ込んだ敵兵の引き渡しを拒んだため、織田信長の兵卒によって
焼き討ちにあった。
その時の言葉が有名である。

「安禅は必ずしも山水を須いず。
心頭を滅却すれば火自ら涼し」
(「碧巌録」第四十三則「洞山無寒暑」)

注:一般に言われる「火もまた涼し」
では”やせ我慢”になる。
「火おのずから涼し」が正しい。

panse280
posted at 19:39

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字