2006年08月31日

華厳の世界

鈴木大拙1870-1966
daisetsu suzuki

「禅」(29)完


<華厳の世界>
「愛は自己否定を通して、つねに創造的である。
・・・
愛はけっして破壊と絶滅には赴かない。
・・・
愛と創造力とは一つの実体の両面のすがたである
・・・
力は、われわれ人類同胞の間にひとしく恩恵を
分配しないで、それを独占しがちである
・・・
力とは人を物にかえるちからである
(シモーヌ・ウェイル)
・・・
力はつねに尊大で、独断的で、排他的である
・・・」

「終わりにあたり、繰り返して言う。
存在するものすべての相依相関の真理に目覚め、
たがいに協力する時、はじめてわれわれは栄える
のだという事実を、まず自覚しようではないか。」
(鈴木大拙)

panse280
posted at 00:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字