2006年08月13日

仏教誕生by禅

鈴木大拙1870-1966
daisetsu suzuki

「禅」(15)


<仏教誕生by禅>
「禅が中国の仏教になったのは、菩提達磨(528没)
の力による。
・・・
禅の種子は、彼(達磨)の手によって蒔かれたので
ある。
・・・
禅の種子が実を結ぶのには、それからなお約二百年を
要した。
・・・
六代目の祖師慧能(637-713)が、中国の禅の実際上の
開祖であった。」


唐朝(618-907)から今日なお、ある程度の活力を
保っている仏教の唯一の形は禅である。

「華厳」「天台」「三輪」「倶舎」「法相」「真言」
などが中国で、はやらなかったのは、それらが
あまりにインド的要素が多かったからである。


「中国において仏教は、禅を通して、外国からの
輸入品であることをやめ、この国の心の独自の
創造物に変形した。」

panse280
posted at 20:05

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字