2006年08月12日

仏教を理解したとき禅が生まれた


鈴木大拙1870-1966
daisetsu suzuki

「禅」(14)


<仏教を理解したとき禅が生まれた>
「中国の人々が仏教の教えを完全に理解した時、
かれらの心が要求したのが、すなわち”禅”で
あったが、このことは、議論の余地のない二つ
の歴史的事実の証明するところである。
第一に、禅が確立してのち、中国を風靡したのは
この教えであって、仏教の他の宗派は、浄土教を
除いて、どれも存続し得なかった。
第二に、仏教が禅という形をとる以前は、仏教は、
中国固有の思想と密接な関係を持つことはできな
かった。
ここで中国固有の思想とは、儒教をいう。」

panse280
posted at 19:48

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字