2006年07月18日

ピカソは天才ではない?

村上隆1962-
takashi murakami

「芸術起業論」(5)


<ピカソは天才ではない?>
「マチスはおそらく天才にしか見えない何か
を見たはずでしょうが、ぼく自身は天才の見た
風景を表現することはできません。
ピカソやウォーホール程度の芸術家の見た風景
ならわかる。時代の寵児(ちょうじ)になる程度
の彼らのような芸術家たちは天才でもなくて、
ど根性物語をやり通しただけです。
顔を売ることで未来へのチャンスを探し続けていく
という路線なら、ぼくも彼らとほとんど同じです
から、何を考えているかはわかります。」


補記:
昔、開高健という作家が「ピカソはほんまに天才か」
という文章を書きました。
”ピカソがわかる人なんているのか〜!?”という
絶叫はまじめな彼の性格を現していますが同時に
彼が”何もみえていない”という、ただの俗物宣言
にしかならなかったことは痛々しい。

panse280
posted at 19:36

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字