2006年05月19日

病気にならない生き方

新谷弘実1935-
hiromi shinya

「病気にならない生き方」

昔ならば、牛乳・乳製品業者が裏から手を回して
抹殺したであろう本である。

健康この上ない胃腸の先生が、30万例の診察経験から
下す”お言葉”は逆らえない力を持っている。

<牛乳・ヨーグルトはやめなさい>
「私は毎日ヨーグルトを食べているという人で、
よい腸相(腸の様子)の持つ主に会ったことがあり
ません。」

「牛乳を飲み過ぎると骨粗鬆症になる」

「牛乳ほど消化の悪い食物はない」

「市販の牛乳を母牛のお乳の代わりに子牛に飲ませると、
その子牛は四、五日で死んでしまうそうです。」

「私は子供たちの食事から、すぐに牛乳と乳製品を
すべてカットするように指示しました。
すると案の定、血便も下痢も、アトピーすらも
ピッタリ治まったのです。」

「牛乳や乳製品の摂取はアレルギー体質をつくる可能性
が高いことが明らかになっています。」

「妊娠中の母親が牛乳を飲むと、子供にアトピーが
出やすくなる」

「牛乳はアレルギーだけでなく、子供が白血病や糖尿病
などシリアスな病気を発症する原因となっているという
研究論文がいくつも出ています。」

「マーガリンほど体に悪い油はない」

「市販の牛乳は「錆びた油」ともいえる」

「自然界で大人になっても「乳」を飲む動物など
一つも存在しません。」
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-


panse280
posted at 20:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字