2006年02月22日

忠と孝

新渡戸稲造1862-1933
inazo nitobe

「武士道」(6)


<忠と孝>
「忠ならんと欲すれば孝ならず、
孝ならんと欲すれば忠ならず」
(「日本外史」(頼山陽)において
父の反逆行為に関する平重盛、苦闘
の言葉)

シェイクスピアにも、「旧約聖書」に
すらも、我が国民の親に対する尊敬を
現わす概念たる「孝」に当る適切なる
訳語は含まれていない。

忠と孝の衝突において、武士道は忠を
選ぶに決して逡巡しなかった。
婦人もまたその子を励まして、君のため
にすべてを犠牲にせしめた。

panse280
posted at 20:40

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字