2006年02月14日

四手(よつで)を離すと云う事

宮本武蔵1584-1645
musashi miyamoto

「五輪書」(7)


<火の巻>

<四手(よつで)を離すと云う事>

四手を離すとは、敵も我も同じ心に、
張り合う心になっては、戦のはかゆかざる
ものなり、張り合う心になると思はず、
そのまま心を捨てて、別の利にて勝つ事を
知るなり、

panse280
posted at 20:56

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字