2006年01月19日

エネルギーの賛美

前出2004.4.29

三島由紀夫1925-1970
yukio mishima

「葉隠入門」(1)


<エネルギーの賛美>
「成仏などは嘗(かつ)て願ひ申さず候。
七生迄も鍋島侍に生れ出で、国を治め申すべき
覚悟、胆に染みまかりあるまでに候。
気力も器量も入らず候。
一口に申さば、御家を一人して荷ひ申す志
出来申すまでに候。同じ人間が誰に劣り申すべきや。
そうじて修行は、大高慢にてなければ役にたたず候。
我一人して御家を動かさぬとかからねば、
修行は物にならざるなり。」


付記:
会社の経営者ならば、上記のような気概を
持った社員を昔も今も探し続けているに
ちがいない。

葉隠入門


panse280
posted at 20:18

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字