2005年11月24日

自然の道理は停滞することを望まない

荘子bc369-bc286
soushi

「荘子」(71)


<自然の道理は停滞することを望まない>
目のよく通るのを明(めい)といい、
耳のよく通るのを聡(そう)といい、
鼻がよく香りに通ずるのを羶(せん)といい、
口がよく味に通ずるのを甘(かん)といい、
心がよくものごとに通ずるのを知(ち)とよび、
知のはたらきがよく通るのを徳という。

すべて自然の道理は停滞することを望まない。
停滞するとふさがり、ふさがってそのままで
いると調子が狂い、調子が狂うといろいろの
害が起こることになる。

panse280
posted at 19:46

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字